安全性の追求

JAPANESE FACEの製品は、お客様の肌に直接触れる化粧品です。そのため、何よりもお客様に安心して使用いただくということが、最も重要であると、私たちは考えています。
化粧品としての安全性の評価・試験は当然として、“マスクシートに絵を描く”という他に類を見ない製品である特性上、使用されるインクの安全性やインクの色落ちに関する評価・試験も実施しております。
安心・安全のための5項目

1化粧品原材料の評価

化粧品原材料の評価

1化粧品原材料の評価

化粧品の安全性を確かなものとするために重要なのが、原料段階での安全性を確認することです。皮膚に対してはもちろんですが、目や口など体内に入った場合も想定して、安全な化粧品原料を採用しています。

2マスクシートの安全性

マスクシートの安全性

2マスクシートの安全性

JAPANESE FACEのマスクシートには、天然の綿素材を原料とした高品位の不織布を利用しています。毛羽立ちや繊維の脱落がとても少なく、そのため、肌に着けていただいた際の感触も柔らかで、刺激を最小限に抑えています。

3インクの安全性確認試験

インクの安全性確認試験

3インクの安全性確認試験

JAPANESE FACEの製品はマスクシートにユニークな図柄が印刷されていますが、印刷に使われているインクは肌に長時間触れても問題が無い、厚生労働省が定める規格基準(厚生省告示第370号)に適合した安全性の高いインクを使用しています。

4美容液に対するインクの色落ち試験

美容液に対するインクの色落ち試験

4美容液に対するインクの色落ち試験

マスクシートに前項で示すインクを印刷する際は、色落ちを防止する特殊な印刷加工を施しています。更に印刷加工の精度を確認するため、印刷したマスクシートを美容液に長期間浸して、インクの溶解の有無を検査。結果、製品は化粧品の使用期限内(製造から3年)において、美容液へのインクの溶解はみられていません。

5美容液を染み込ませたマスクシートによるパッチテスト

美容液を染み込ませたマスクシートによるパッチテスト

5美容液を染み込ませたマスクシートによるパッチテスト

化粧品の肌への安全性を評価するのがパッチテストです。一定期間、被験者の肌に美容液を染み込ませたマスクシートを固定し、皮膚反応をチェック。皮膚に対する刺激性やアレルギー反応を調べます。

JAPANESE FACEでは、お客様はもちろん、お客様の大事な方にも安心してお使いいただける安全な製品づくりを目指し、すべての工程において誠実な姿勢で取り組んでおります。